• 鶴ヶ島市五味ヶ谷307-10
    • 049-298-6875
    • 東武東上線
      若葉駅から
      徒歩13
    • 駐車場9

眼瞼下垂

眼瞼下垂の手術治療

当院では、眼瞼手術を専門にしている、眼瞼手術経験の豊富な医師が執刀致します。保険治療の手術治療ですが、見え方の改善とともに、整容的な改善にも努めて、両方の改善を目指しております。

  • 当院の眼瞼下垂の手術は、保険適応の手術治療です。
    美容目的の保険適用外の手術治療は、行っておりません。

眼瞼下垂の病態

『眼瞼下垂』とは、通常は意識せずに開けられるまぶたが、上まぶたが上がりにくくなり、上方の視界が狭くなり、見えづらくなる病気です。
原因の分類としては、下記のものがあります。

  • ①腱膜性眼瞼下垂:まぶたを上げる筋肉の腱膜の異常が原因(加齢、コンタクトレンズの長期使用)
  • ②筋原性眼瞼下垂:まぶたを上げる筋肉の異常が原因
  • ③神経原性眼瞼下垂:まぶたを上げる筋肉を動かす神経の異常が原因。

この中の、①腱膜性眼瞼下垂に対して、当院の日帰り手術は改善する事ができます。

眼瞼下垂により起こりえる症状です。

  • 上方の視野が狭くなっている。
  • 目を開けようと頑張るため、疲れる。
  • 物を見る時に、眉を吊り上げてみている。
  • 顎を上げて、物を見ている。
  • 物を見る時に、おでこに、深いしわができる。

眼瞼下垂の手術方法

  • 皮膚を切開(たるんでいる皮膚は、適切な範囲を切り取ります)
  • 眼瞼挙筋を縫合糸で縫い縮める
  • 皮膚を縫合 (まぶたのボリュームが多い場合、まぶたの脂肪を適度な量、切除して減らします。)

手術による効果

  • まぶたのしわ、たるみが取れます。
  • 上まぶたが、軽い力で開けやすくなります。(額のしわが、できにくくなります。)

術後の経過

  • まぶたの腫れや内出血(アザ)が、1~2週間つづきます。
  • ドライアイが悪化しやすくなりますので、ドライアイの点眼薬を使用して頂きます。
  • 手術後3カ月くらいが、最終的な眼瞼の状態となります。
  • まれに、まぶたの開き具合、左右の不対称を修正するために再手術が必要になることがあります。
若葉・さくらいクリニック
TEL
049-298-6875
住所
〒350-2202
鶴ヶ島市五味ヶ谷307-10
診療科目
眼科・皮膚科
院長
櫻井 裕
皮膚科
櫻井 愛香
アクセス
東武東上線 若葉駅から徒歩13分
眼科
休診日:日曜、祝日  ●:手術のみ
診療時間 日祝
9:30~12:30
15:00~18:00
皮膚科
休診日:木曜、日曜、祝日
診療時間 日祝
9:30~12:30
15:00~18:00